ブログトップ

記楽庵

rungaina.exblog.jp

カテゴリ:音楽( 26 )

近況からの、、、

皆様、お久しぶりです!
そしてすみません!

「ブログ楽しみにしてるよ!」というお声を多数いただいてたにもかかわらず、
「今年はマメに更新します」と年明けに自分で投稿していたにもかかわらず、、
またしても超久々の更新となってしまいました(汗)

まぁこれには色々と訳がございまして、しかしながら言い訳するヒマがあるなら何か書けと(笑)
自分で自分に言っておりますです。。

ちなみにTwitterでも日々何気ないことからライブの告知などもしておりますので、気軽にフォローして下さいませ(^^)
rungaina_hidekiで検索お願いします☆

さてさて、以前はライブ告知などを載せていましたが、ここ最近は自分の活動も細分化されてきたということもあり事後報告も含めていろいろと書きたいと思います。

まずは普段の僕ですが、いったいどんな活動をしているかというと、
RUNGAINAというバンドに関しては以前からボーカルの西村千理と共に活動を続けています。

そして作曲家としての活動は、映像作品の音楽監修やアイドルグループへの楽曲提供なども行なっています。以前はこの作曲ありきでギターも担当するという形が多かったのですが、ここ最近はいちギターリストとして様々な現場に呼んでいただくことも多くなってきました。

そしてそういった現場以外では、都内の音楽スクールでギター講師という立場のお仕事もさせていただいてます。
一昨年からこのギター講師のお仕事が忙しくなり、普段のレッスンだけでなくスクールの生徒さんが出演する発表会ライブなどでのバックバンドを何度も担当してかなりの曲数を弾きました。

そして今年はメジャーのアーティストさんのサポートや、その他レコーディングのお仕事。
秋には素晴らしいプレイヤーの方々とのセッションも予定しています!

こんな感じで日々ギター漬け音楽漬けな毎日を送っております今日この頃です(笑)

それでは次回、そんな上半期を振り返りつつの報告をしたいと思います!
いったいどんなライブがあったのでしょーか⁉︎


ひでき

とある現場での一枚。ギター三本だぜっ!
c0187633_332095.jpg

[PR]
by rungaina_hideki | 2014-09-09 03:38 | 音楽

2014年 弾き初め

三が日は制作関連の作業をしております。
今日はギターインストのデモ録で2014年弾き初めでした☆

しかしやはりそこは正月。。
お酒と塩分で手がむくんで弾き辛かったです(笑)
デモで良かったー!

c0187633_0431078.jpg

[PR]
by rungaina_hideki | 2014-01-03 00:44 | 音楽

2014年

明けましておめでとうございます!

皆様、旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
2014年も皆様のご活躍をお祈りしますとともに、自分もさらに頑張って参りたいと思います☆

最近はFacebookなどに投稿が偏っていたので、今年はブログもちょくちょくと再会していくつもりですのでよろしくお願いします(*^^*)
c0187633_23182544.jpg

[PR]
by rungaina_hideki | 2014-01-01 23:18 | 音楽

物忘れ、ピッキング、レッスン、ライブ。。。

お久しぶりです♪

ちょっとしたことの物忘れが激しい今日この頃。
まぁ大事なことは大丈夫なんですがちょっとしたことが…なんです。

例えば図書館で借りてたCDの返却日とか。
(これはギリギリになって思い出す分野 笑)
あとレッスンの終わり時刻とか。
(でも大事なのは始まり時刻でこっちは忘れない 笑)

でもこのちょっとしたことが何回も確認しないと…。
いや、何回確認しても心の中で連呼するかスケジュール帳に書くかしないとすぐ忘れます(汗)

そんな最近の僕ですが(どんな? 笑)
ここからはちょっとギターのお話。

近頃レッスンをさせていただくようになって、空いた時間に運指の基礎練習をするのですが、
その時に自分のピッキングのアングルをかなり細かく分けるように意識するようにしてます。

僕が演奏してるのをよく観てくれてる人をステージから見た時に、
ほとんどの人が左手を見てるなと思うんです。
これは僕にしたらしめしめ(笑)

だって左手にはあんまり自分のプレイのキモは無いのですよ。
レガートぐらい。
でもそのレガートと混ぜてピッキングする時に右手をどう使ってるかが自分にとっては肝心で、ここはあまり見られていないなと。
僕にしてみればここで自分の音の印象やニュアンスを作ってるのですが。

で、そのキモは言わず(笑)
ピッキングのアングルの話に戻すと、
アングルに関しては基本は平行アングルで弾いてます。
ロックなニュアンスを付ける時は順アングルで当てる、カッティングの時は平行+逆アングル+α(+αは言えない 苦笑)。
厳密に言えばカッティングでも単音の時と和音の時のアングルは使い分けてます。

で、最近は逆アングルもジャズっぽい繊細なメロディーを弾く時には意識して使うようにしてます。

どこでどう使ってるかは言いませんが、僕のピッキングはチキンピッキングとエコノミー。それに上記のアングル数種。

さぁ気になる人はこれをレッスンかライブで確かめて下さい!!
という宣伝でした(笑)

↓ レッスン(ここでしかキモは教えません 笑)
ガウディギタースクール(東京都 渋谷区 恵比寿)
http://gaudi-guitar.com/
体験レッスンはお気軽にどうぞ☆


↓ RUNGAINA 8月・9月スケジュール(現在決まっているもの)

8月9日(金)
場所 : Studio Cube 326(東京都 港区 田町)
イベント : 日本クラウン主催ライブ
主催:日本クラウン株式会社 企画:クラウンメディアアーツ
制作:TOHO ENTERTAINMENT 協賛:セコム株式会社
お問い合わせ:Studio Cube 326 (03-5439-9199)
http://www.livecube326.com/access.html
OPEN 16:30 / START 17:00
¥2,500(1Drink 500円別途)
※RUNGAINAの出演時間は19:00〜です。


8月15日(月・祝)
場所 : 北浜公園 野外音楽堂(愛媛県 八幡浜市)
イベント : 野外ROCK FES「TEYATEYA快進撃コンサート」
お問い合わせ:Cafe bar Smoky Dragon(0894-27-0616 主催者様)
START 15:30
入場無料/小雨決行
※RUNGAINAの出演時間は16:30〜です。


9月5日(月)
場所 : 大阪RUIDO.(大阪 心斎橋)
イベント : F's meeting
共演 : Fourth Build/Re:palette/NAHO/RUNGAINA(共演者敬称略)
お問い合わせ:大阪RUIDO.(06-6252-8301)
http://www.ruido.org/osaka/access/
その他 詳細未定
coming soon…
[PR]
by rungaina_hideki | 2011-07-27 07:55 | 音楽

フォローミー

お久しぶりです☆
6月中旬からしばし忙しくしております(>_<;)

そういえばブログには書いてませんでしたが、
半年ぐらい前からTwitterに登録していまして、
でもあまり使い方がよくわからぬまま…(笑)

取りあえずちょっとしたことはツイートなるものでつぶやいてみています。
Twitterされている方、良ければフォローして下さい(^_^)♪
http://twitter.com/rungaina_hideki

それでは、遅ればせながらのご報告を☆

6月は一週間程大阪に帰っていたのですが、
6月17日(木)にZepp OSAKAで観て来ました♪
『Larry Carlton & Tak Matsumoto LIVE 2010 “TAKE YOUR PICK”』

細かいライブレポはしません(笑)
率直な感想、観れて本当に良かった!
この共演はもう二度と観れないかもしれない。
内容どうこうではなく、
この二人の偉大なギタリストが放つ生の音と空気感は味わったもん勝ちな気がしました☆

このライブを観た方はそれぞれ色んな見解があると思いますが、
Larry CarltonとTak Matsumoto二人のプレイと生音を同時に至近距離で感じれること自体、
どう転んだって素晴らしいに決まっています☆
評価をするなんてナンセンス!

「音」を「楽しむ」と書いて「音楽」。
百戦錬磨のギタリスト二人の姿勢から得た物は大きいです。
『TAKE YOUR PICK』良いCDです♪
興味ある方は是非(^_^)☆

c0187633_15133665.jpg

c0187633_15135531.jpg

渋谷のタワレコにて☆
c0187633_15144812.jpg

こっちはZepp OSAKAで♪


ひでき
[PR]
by rungaina_hideki | 2010-07-11 15:16 | 音楽

JOHN MAYER 〜BATTLE STUDIES WORLD TOUR〜

c0187633_953279.jpg

5月11日(火)にJCBホールにて行われた、
ジョン・メイヤーのジャパンツアー3DAYSの初日を観に行って来ました♪

率直に…ジョン・メイヤー素晴らし過ぎでした!
ここまでクオリティーの高いライブを出来るアーティストはそうはいないです。

こんなに垢抜けてキラキラした音を奏でる人は見たことがない!
キラキラしてるけど、決してイヤラシい意味でのギラギラさが無い音。

何より全てにおいての歌心がもの凄い!
歌の上手さもとんでもないですが、ギターのリフやフレーズ一つ一つの歌心が半端ないです☆
ボーカルをフェイクでフェードアウトさせながら弾き始めるギターソロのトーンは歌声と錯覚しそうになる程です(@_@)☆
わかっちゃいたけどここまでとは(汗)!!

客層はコアなファンと外国人と業界関係者
(メジャーのアーティストさんも結構来られてました)という感じで、
ライブ慣れした人が多かったのかノリがめちゃくちゃ良かったので何か日本っぽくなかったのと、
ジョンは歌にもプレイにも全くもって力みがないのでかなりリラックスして楽しめました♪


若干27歳でグラミーを受賞したにも関わらず日本メディアへの登場は少なく、
某有名ギター誌での『現代の三大ギターリスト』特集では
オリジナリティーに欠けるなどと酷評されていたり、
最も登場するのはアメリカンセレブのゴシップが載ってるような女性誌に女性遍歴や発言の大胆さで(笑)

しかしジョン・メイヤーの魅力は、
他人から見れば賛否別れるその奔放さから来てるものが作品やプレイにポップな要素として大きく反映されているのではないかと、
生のライブを観て感じさせられました。

ハイクオリティーな音楽性と、
何より愛と自由を感じられる素晴らしいライブでした(^_^)☆

ジョン・メイヤーを知らない方のために動画貼付けておきます♪
そうそう☆
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演の映画『最高の人生の見つけ方』のエンディングテーマはジョン・メイヤーですよ(^_^)

これはジョン・メイヤーの人気曲『Waiting On The World To Change』



ひでき
[PR]
by rungaina_hideki | 2010-05-13 09:55 | 音楽

和歌山レコーディング合宿

2010年4月9、10日の和歌山でのレコーディング合宿です♪

c0187633_1211596.jpg

ギターはこんな感じでした(^_^)
c0187633_12131466.jpg

足下のエフェクター達。
今回はトリッキーなサウンドを作れるセッティングでした☆
c0187633_12162074.jpg

シンセサイザーでマジックを起こす『松尾泰伸 』 さん。
松尾さんが鍵盤を弾くと鳥が集まってくるんです♪
c0187633_1218281.jpg

今回は変則的なパーカッションドラムのセットを組んでくれた『吉村昇治』さん。
全てのパートのレコーディング環境をしょうちゃんが作ってくれました♪
c0187633_1224096.jpg

僕のポジションからみたらこんな感じ☆
c0187633_12244865.jpg

初日の夕食☆
和歌山の日高町名物はクエだそうで、焼きクエ定食をいただきました♪
この後は温泉とビール(笑)
c0187633_1227627.jpg

レコーディングしていた所からは海が一望でした(^_^)


ひでき
[PR]
by rungaina_hideki | 2010-05-02 12:28 | 音楽

導き その2

続きです☆

そう、その展覧会を観て僕が松尾さんの曲を連想したということは、
きっと松尾さんにも何かを感じていただけると思い連絡を取りました。

すると何と、松尾さんは連絡を取ったその二週間後にインドネシア諸島のバリ島へ行き現地で演奏をされるとのこと!
これにはお互い驚きでした!
その展覧会もバリ島のものを中心に集められた展覧会だったんです。

松尾さんも「これは何かのご縁。行かねばならない!」と言って下さり、
取り急ぎ招待券を送りました。

そして展覧会に行っていただき、その後松尾さんは現地バリ島へ…。
それが3月初旬のことでした。

そして3月も後半になり制作のプランを立てるにあたって、
やはりこれは何かあるのだと僕の中ではもう答えが出ていました。

その時に僕の頭の中には、
もう一人どうしても一緒にやっていただきたいと願う人物がいました。

いつも僕の思いつきに付き合ってくれてアウトプットしてくれる人。
僕が一番信頼してる人物、しょうちゃんことドラマーの『吉村昇治』さん。

今回はパーカション的な変則ドラムセットを用意してくれて、
全てのパートがレコーディング出来るシステム環境を作って下さいました。

そう、この創作をこの3人でやりたいと願った僕の望みが叶ったのです!
僕の望みをお二方が快く引き受けて下さり、
3人が唯一揃えるスケジュール調整が奇跡的に出来たのです☆

最初からそこに至るまで、全ては直感でした。
直感というかそれは胸騒ぎに近いもので、
「この制作を一人でやってはいけない。絶対にこのメンバーでやらなければならない。」
という言葉が勝手に僕の頭の中でぐるぐる回る毎日。

それは何かに突き動かされるような感覚もあり、
そしてそこに導かれるようにことが運ばれました。

こういうことがあるんですね。
ただただ驚くばかりで、感謝しかありません。

今はその時に創作した曲達を編集をする毎日ですが、
編集しながらにして一つ一つの音の響きがあまりにも心地よく、
完成に向けて迷いや不安や心配といった感情が一切生まれません。

普段はミックスや編集は迷走しまくりなんですがね(笑)

最終的に完成した物を宣伝出来たり披露出来るかはわかりませんが、
もし皆さんにも見ていただくことが出来たら一緒にその世界観を感じていただけるかもしれません(^_^)☆


次回はレコーディング合宿の写真を載せま〜す♪


大塚秀記
[PR]
by rungaina_hideki | 2010-05-01 10:37 | 音楽

導き その1

皆様お久しぶりです☆

4月前半は何かとバタバタしていまして、
それでいろいろあったわけですが…。

う〜ん、何から書こうかなぁ(笑)

そうそう!
今現在とある映像作品の音楽監修のお仕事をさせていただいてるのですが、
その楽曲制作(正確にはインスピレーション創作)の為、
今月の9、10日に和歌山でレコーディング合宿を行って来ました♪


この映像作品はとある美術品の展覧会を映像に収めたもので、
その展覧会は日本の美術界にとっては革新的なもので新たな試みでした。

美術品といっても絵画や彫刻などではなく
『インドネシアン プリミティブアート』というもので、
ものによっても様々ですが、
約200年〜1500年前にインドネシア諸島で信仰の対象物とされた木彫りの人物像や動物像。
果ては棺桶の蓋といったいわゆる「曰く付き」ともとれるものばかり。

僕は実際その展覧会に呼んでいただき
展示品の現物や会場の雰囲気などを体感してきました。

その場所に足を踏み入れた瞬間に感じたものはひしひしと伝わる「リアル」でした。
展示品達から放たれる恐怖心さえ抱かせるリアリティー。

冷たい空気と薄暗い会場。
そして展示品から放たれる数百年、数千年の時を経た念のようなもの…。

しかし展示品から放たれる念は単に禍々しいだけでなく、
どこか穏やかな一閃の光のようなものも感じ取られました。

僕はその意味が知りたくて大きな深呼吸で会場の空気を恐れず吸い込みました。

するとどうでしょう。
さっきまで異を放っていた人物像達と目が合うではありませんか。

それは悲しげなもの、温かなもの、力強いもの、寂しげなもの。
放たれる理由は関係なくそれらを受け入れられる自分がいました。

そして同時に頭の中に流れてきた音楽がありました。
ヒーリングミュージックの鍵盤奏者『松尾泰伸 』 さんの「m -五色の虹-」という楽曲。

松尾さんは、僕のインスピレーションで思うがままに曲を創ったりギター演奏する感覚の起源を与えて下さった、いわゆるその分野の『師』とも呼べる方で、
「m -五色の虹-」という曲は、以前に松尾さんに呼んでいただき演奏をご一緒させていただいた時の思い出深い楽曲です。
その「m -五色の虹-」が展覧会を観ている最中ずっと頭の中で流れているではないですか!

その時すでに音楽監修を引き受けさせていただくことは決定済みでした。
もう僕の中で完全に答えは出ていました。
「松尾さんと創作したい。」
スケジュールの調整や著作権の関係も含め、この叶うかどうかもわからない望み。

しかしせめて松尾さんにはこの会場だけでも観ていただきたいと思い連絡を取りました…。


続く…。


大塚秀記
[PR]
by rungaina_hideki | 2010-04-30 06:53 | 音楽

ありがとう以外の言葉は見つからない

c0187633_17151067.jpg

昨日は…というか今朝まで…。

11月16日に行われた僕の戦友のピアニスト『天平』主催のイベント、
「中村天平と愉快な仲間達」でセッションをした仲間で打ち上げをしました☆

今年は楽しい出来事も悲しい出来事も…、
十代の頃からの音楽仲間と共に沢山の時間と機会を過ごしました。

その中でも友人の追悼ライブと、
RUNGAINAとして今年最後のライブに選んだ 「中村天平と愉快な仲間達」。
今まで行ってきた全てのライブが心に強く残っていますが、
上記のこの二つのイベントは、より強く心に残り決して忘れることないであろうライブでした。

一瞬の火花のような、あっという間に過ぎてゆく一生。
されど長い長い旅のような人生。
毎日来る未来に自分の命を燃やしながら精一杯生きたい。

不思議ですね(笑)
何もかも忘れたようにただバカみたいにはしゃいだり、
時に急に真面目に話し込んでみたり。
何気ない時間のようで、仲間と過ごす時間はいつもそう思わせてくれます。

それはきっと戻ることのない時間だと皆わかっていて、
互いに出会えた喜びを噛み締めながら共に過ごすからなんでしょうね☆
c0187633_17154812.jpg

最高に楽しかった!
ただもう…朝までは勘弁してくれ天ちゃん(>_<;)
(Photo by NAHO


大塚秀記
[PR]
by rungaina_hideki | 2009-12-10 17:17 | 音楽